ホーム > ニュースリリースの一覧 > 「FIT2021 金融国際情報技術展」にNotaが登壇!~10/14(月)@東京国際フォーラム~
ニュースリリース

「FIT2021 金融国際情報技術展」にNotaが登壇!~10/14(月)@東京国際フォーラム~

2021/10/08 Nota

革新的な検索型FAQ「Helpfeel(ヘルプフィール)」( https://helpfeel.com/ )を提供しているNota株式会社(京都府京都市 代表取締役/CEO:洛西一周 以下、Nota)はこのたび、株式会社日本金融通信社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:宮岸順一、以下ニッキン)が主催する、国内最大の金融機関のためのITフェア「FIT2021 金融国際情報技術展」のセミナーにNota株式会社 マーケティング/マーケターの落合 純平が登壇することをお知らせ致します。

--------------------------
▼お申込みはこちら
https://fit.nikkin.co.jp/seminar/1/2938
--------------------------

▼弊社登壇時間
2021年10月14日(木)
D5-01:10時10分~11時10分
※オンライン配信も行っております。
申込受付期間 :2021年9月1日(水)2021年11月26日(金)
録画配信期間 :2021年10月25日(月)~2021年11月26日(金)

▼登壇内容
コロナショックにより、多くの業種で実店舗への来店客数が減少しています。金融業界も例外ではありません。一方で、顧客接点がオフライン(実店舗)からオンライン(オンラインバンクなど)へと大きく移行した今日の状況は、顧客接点をDX化することで、業務の効率化と顧客満足度の向上を両立する大きなチャンスと見ることもできます。実際、すでにFAQシステムやチャットボットといったITシステムを駆使して顧客接点のDX化に取り組んでいる金融機関が出てきています。そして、本セッションでは検索型FAQシステムである「Helpfeel(ヘルプフィール)」を活用して顧客接点のDX化に取り組んでいる株式会社伊予銀行様の事例を紹介します。

▼登壇者
Nota株式会社 マーケティング/マーケター 落合 純平
新卒入社したSIerにてプログラマとして勤務。その後、コンテンツマーケティング会社にてBtoB企業を支援する傍ら、ひとりマーケターとして自社マーケティングにおける戦略立案、コンテンツ企画・制作、MAツール運用などを担当。2020年11月、Nota, Inc.にマーケターとしてジョイン。
革新的な検索型FAQシステム「Helpfeel(ヘルプフィール)」のマーケティングを担当している。

【FIT(Financial Information Technology)2021 金融国際情報技術展 概要】
▼開催日時
2021年10月14日(木)10時00分~18時00分
2021年10月15日(金)10時00分~18時00分

▼イベント説明​​
「FIT(Financial Information Technology)」(金融国際情報技術展)は、2000年に誕生した、金融総合専門紙「ニッキン」を発行する日本金融通信社が主催する国内最大の金融機関のためのITフェア。

▼開催テーマ
re-innovation
持続的成長と変化対応

▼会場
東京国際フォーラム(東京・有楽町)
ホールD5

▼参加費
入場無料
金融機関(証券・保険・ノンバンクなども含む)及び、金融機関系列会社の方はご入場が自由です。
それ以外の方は、入場券が必要となります。ご注意下さい。

▼主催
日本金融通信社

--------------------------
▼お申込みはこちら
https://fit.nikkin.co.jp/seminar/1/2938
--------------------------

■Helpfeelについて
「ユーザーに答えを。現場に余裕を。」
「Helpfeel」は、検索性に特化し、問題がすぐに解決するFAQサイトを簡単に構築できるシステム。お客様が自力で問題を解決するのを手助けするだけでなく、カスタマーサポート担当者やコールセンターの負担を軽減します。
革新的な技術「意図予測検索」によって、FAQ検索ヒット率98%を実現したFAQシステムです。曖昧な表現、感覚的な表現、スペルミスなどにも対応してお客様の抱えているトラブル・疑問の解決につながる最適なFAQページを表示します。
加えて、インクリメンタルサーチ(逐次検索)を搭載しているため、キーワードの入力中に質問を予測して候補ページを表示することができます。さらに、検索キーワードから最適な質問を探して回答を表示するというアプローチで、これまでの平均的なFAQシステムに比べて約1,000倍の高速応答を実現しています。
そのため、これまで電話・メール・チャットで対応していたよくある問い合わせをFAQページとして公開することで、問い合わせ件数を大幅に削減することが可能です。その結果、チャットを含む有人でのお客様対応の業務負担を劇的に軽減することができます。
「Mizuho Innovation Award」2020年度第4四半期受賞
「X-Tech Innovation 2020」グランプリファイナル進出
2019年IVS LaunchPad出場
サービスサイト:https://helpfeel.com/

Helpfeel導入企業(一部)
株式会社伊予銀行、17LIVE株式会社、ヤフー株式会社、株式会社AHB、Net Protections, Inc.、株式会社ディー・エヌ・エー 、株式会社ホワイトプラス、株式会社ミラティブ、みんなのマーケット株式会社、HENNGE株式会社、株式会社リクルート、ベルフェイス株式会社、株式会社お金のデザイン、株式会社ニュートン、パーソルテンプスタッフ株式会社

▼Nota株式会社概要​
創業:2007年12月21日(2020年12月4日に日本法人を設立)
代表取締役/CEO:洛西 一周
京都オフィス:〒602-0023 京都市上京区御所八幡町110−16 かわもとビル5階
東京オフィス:〒105-7108 東京都港区東新橋1-5-2 汐留シティセンター5階
サイト:https://notainc.com/
---------------------------
【Helpfeelに関する資料ダウンロード・お問い合わせはこちら】
お問い合わせ:https://helpfeel.com/contact
サービス資料ダウンロード:https://helpfeel.com/download_resource/helpfeel_service_guide
---------------------------

ご質問やご要望、お見積り依頼など
どんなことでもお気軽にご相談下さい。
この記事を書いた投稿者
Nota facebook twitter
どんな質問にも答えられる本当に役立つFAQシステム
Helpfeelがお客様の質問になんでも答え、CS担当者やコールセンターの負担を減らします。
慶應義塾大学の増井俊之教授によって研究された世界初のアルゴリズム「意図予測検索」を搭載し、人ごとに微妙に違ってくる曖昧な言葉の表現や、感覚的な言葉の表現、スペルミスなどにも対応します。
Helpfeelの導入企業ではユーザーの自己解決力が向上し、高い満足度とサービスに対する信頼感へ繋がっています。
関連記事の一覧

ページ上部へ