ホーム > ニッキンITヘッドラインの一覧 > 筑邦銀行が九州の金融機関で初めて、電子地域通貨を発行、地域商店の活性化に
ニッキンITヘッドライン

筑邦銀行が九州の金融機関で初めて、電子地域通貨を発行、地域商店の活性化に

2019/09/12

【福岡】筑邦銀行は九州の金融機関として初の電子地域通貨サービスを開始した。第1弾として8月23~31日まで福岡県宗像市限定の「常若(とこわか)通貨」を発行。地域での消費拡大を促し、経済の活性化を図るのが狙い。〔ニッキン2019年8月30日号6面〕
≪写真:辛子明太子を加工販売する海千で「常若通貨」を使い買い物をする佐藤頭取(8月23日)≫

ページ上部へ